メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 現役介護職員に聞いてみた » 施設(デイサービス)から訪問介護へ

施設(デイサービス)から訪問介護へ

荒井さん
荒井さん
介護15年目、訪問介護は1年生

30歳で測量のお仕事から介護の世界に転職し、現在15年目を迎える荒井さん。デイサービスから2019年1月に訪問介護に異動しました。

同じ「介護の仕事」でも、全く畑が違うデイサービスと訪問介護。そのやりがいや難しさを聞いてみました。

訪問介護には
介護の"すべて"が詰まっている

デイサービスから訪問介護に異動という話を聞いたときは、どう思いましたか?
荒井さん

今までもデイサービスでエリア異動はあったのですが、訪問介護へは初めてだったので、正直少し不安がありました。実は、料理が得意じゃないんです…(苦笑)。

今はどうしていらっしゃるんですか?
荒井さん

料理を必要とするお客さまの場合、得意なヘルパーさんに代わってもらっています。男性のお風呂介助なんかは、逆に僕のほうが力もあるので適任ですし、皆で役割分担しています。

荒井さんデスクワーク
デスクワークもあります。荒井さんが勤務する「松戸ヘルパーステーション」は、マンションの1室なので、なんだか自宅感覚で居心地がいいです(笑)。
やはり、デイサービスとは違いますか?
荒井さん

完全に1対1で、相手のご自宅に行くのと、大きな施設で複数対複数でコミュニケーションをとるのとでは、もちろん違います。

ただ、まだ歴が浅いですが、訪問介護には介護に必要なすべてが詰まっているなと感じていますね。

どういうことでしょうか?
荒井さん

お客さまとの距離感をはかったり、「この人に必要な対応はどんなことだろう」と考えたり…。1対1で接しているだけに、見えてくるものが多い。人と人の関係の基礎がここにあるという感じでしょうか。

そのあたりも、またデイサービスとは違いますか?
荒井さん

デイサービスでそういう気持ちが必要ないわけではありません。ただ、1ヶ所に大勢の方がいらっしゃったり、レクリエーションの時間があったり、また、お客さまが我々介護士に求めていることも、違ってきます。

同じ介護の仕事でも、色々違うんだなと、今さらながらに実感しています。

なるほど。
荒井さん

訪問介護は、お客さまの状況…体調や今日の機嫌・気分など、いいことも悪いことも直接知ることができます。しかも、ご自宅はお客さまのホームですから、素が見えやすいです。

そういったことを、お客さまをサポートしているという充実感ととるヘルパーもいれば、大変だなと感じるヘルパーもいると思いますが、僕は前者ですね。

訪問介護のやりがいは
どこにある?

どんな性格だったらデイサービスが合っていて、どんな性格だったら訪問介護が合うというのはありますか?
荒井さん

そこは大きな違いはないように思います。元気で、挨拶ができる、人が好き。この3つがあればいいんじゃないでしょうか。

ただ、訪問介護の場合、「つい色々やってあげたくなっちゃう」人は、もしかしたら辛いかもしれません。

それはなぜでしょうか。
荒井さん

私もケアマネージャーさんに言われたことがあるのですが、訪問ヘルパーは「便利屋」ではありません。決められたことしかできないのです。

たとえば、家の電球を変えてあげたり、庭の草を抜いてあげたり…。頼まれて、時間に余裕があれば、お客さまのためにやりたくなってしまいますが、これは契約外なのでNGです。

講習スケジュール
壁に貼ってあった年間の講習スケジュール。ボディメカニクスを学ぶことで、介助する側の体の負担も軽減します。みなさん「初心者、ベテラン関わらず、非常に重要な技術」とおっしゃっていました。
そうなのですね!
荒井さん

一人がやってしまうと、次に別のヘルパーが行ったときに「前の人はやってくれたのに」となってしまいます。

公平性を保つためにも、できないことはできないとご説明します。

荒井さんは、訪問介護のやりがいはどこにあると思われますか?
荒井さん

訪問でも、デイサービスでも、根底は自分の中では変わりません。人とかかわっているという気持ち、笑ってくれる姿…そういう部分にやりがいを感じます。

僕の中では、「人助け」という感覚はなく、人と人がかかわって、何かを少しサポートしている、コミュニケーションの延長が介護です。

1対1の濃い介護がしたくて、施設から訪問介護に転職する方も多いと聞きました。
荒井さん

いらっしゃいますね!施設によっては、人数や時間の制約で流れ作業みたいになってしまうらしく、それはイヤだと、訪問介護を選択するようです。

これから訪問介護の仕事を始めたいなと思っている方に、一言お願いします。
荒井さん

最初はもちろん同行して、慣れるまでサポートしますので、ご安心ください。ケアパートナーは大きな会社なので、研修や資格の補助が充実していて、キャリアアップも考えていける環境ですよ。まずは気軽にお電話ください(笑)。

荒井さんが働く
ケアパートナーの
公式サイトを見る

訪問介護の仕事内容や
ほかのヘルパーの
インタビューも読む

JOBSTYLEより JOBSTYLEより
訪問介護もデイも
それぞれにやりがいがある
JOBSTYLEからのコメント

「訪問介護には、介護のすべてが詰まっている」という言葉が印象的でした。

初心者の方でも、気負わず始めていただけるともおっしゃっていたので、訪問介護を入り口にするのはいいかもしれません。

ケアパートナーでは、訪問介護以外にも、デイサービス、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、グループホームなど、さまざまな施設を展開しているので、「訪問がいまいち合わない」という時にも、異動が可能なのが利点です。

JOBSTYLEからのコメント