sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 場所や種類で選ぶ!介護のおしごとガイド » [職種別]介護の仕事内容・やりがい

[職種別]介護の仕事内容・やりがい

介護の仕事イメージ

介護の仕事とひと口に言っても、その職種によって仕事の内容は違ってきます。

それぞれの職種ごとに求められるスキルや資格も異なるため、「介護の仕事に就きたい」と思うなら、詳しく情報を知っておくことが大切です。

ここでは、直接高齢者などのお世話をする「介護職」、高齢者やその家族の相談役となる「生活相談員」、必要な介護サービスの計画を立てる「ケアマネージャー」などについて解説していきます。

それぞれのページでは、さらに深く掘り下げて内容を解説していますので、気になる仕事があれば、ぜひチェックしてみてください。全国にデイサービス・訪問介護などの施設を持つケアパートナーさんに協力を得て、各職種の皆さんの密着&インタビューも掲載しています。

介護職

介護職とは、いわゆる「介護士」「介護福祉士」のこと。

食事・移動・トイレ・入浴といった日常生活のサポートを行う職業で、介護の現場ではメインの働き手となります。

介護職が働ける場所は、デイサービス施設・訪問介護・サービス付き高齢者向け住宅・介護保険施設などさまざま。介護サービスを提供している場所であれば基本的にどこでも勤務できますが、高齢者などの体に直接触れる介護は「介護職員初任者研修」以上の資格が必要です。

体に直接触れないサービスであれば無資格でも働けますが、やりがいといった面からも資格の取得が推奨されます。

介護士の仕事に
ついて
くわしく読む

生活相談員

ソーシャルワーカーとも呼ばれる生活相談員は、介護サービスを提供する施設や業者と、サービスを受けたい高齢者・家族を結びつける職種。

施設見学へ来た方に案内や情報提供をしたり、面談をして必要なサービスを見出したり、施設利用の契約手続きを進めるのが主な仕事となっています。

生活相談員になるには法律で決められた介護の資格をあらかじめ取得し、介護についての知識・技術も一通り身につける必要があります。

どのような資格・知識・技術が必要なのかをまとめていますので、将来的なスキルアップのためにも目を通しておいてください。

生活相談員の仕事に
ついて
くわしく読む

ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、介護を受ける方に合わせた「介護サービスの利用計画書」を作製するのが主な仕事。

介護支援専門員実務研修受講試験を受け、合格しないとケアマネージャーにはなれませんが、やりがいや給料の充実といった面からも取得を目指す方が多くなっています。

ケアマネージャーは利用計画書の作成のほか、適切にサービスが提供されているかの確認や、国などから給付されるお金の管理といった重要な仕事をまかされます。詳しい仕事内容についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ケアマネージャーの
仕事について
くわしく読む

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護を専門とする資格の中でも、もっとも基本にあたる資格です。難易度の目安としては、かつて存在した「ホームヘルパー2級」に相当します。

介護の仕事をするうえで、かならずしも資格は必要ありませんが、資格を持っていれば利用者や施設側から信頼が得られます。介護の仕事をしていくうえで、介護職員初任者研修は、かならず取得しておきたい資格を考えるべきでしょう。

資格を取得するには、研修実施校にて所定のカリキュラムを受講し、基本的な試験に合格する必要があります。実施校にて介護の基本をしっかりと学べば、決して難しい試験ではありません。

介護職員初任者研修の
資格について
くわしく読む

認知症介護実践者研修

認知症介護実践者研修は、認知症介護における3段階の研修のうち、1段階目に当たる研修です。その目的は、介護支援の場において十分な専門知識を持った人員を養成することです。

介護関係の施設には認知症介護実践者研修の修了者を配置する義務があるので、この研修を修了しておけば、その後の就職や転職、ステップアップに役立つことでしょう。ただし、研修は年に限られた回数しか行われておらず、定員制でもあるので、難易度はかなり高いと言えるでしょう。

認知症介護実践者研修の
資格について
くわしく読む

認知症介護指導者研修

認知症介護指導者研修は、介護関連の研修の中でも最終段階に位置する研修です。そのため、受講条件も厳しく、受講できる人は限られています。その目的もレベルが高く、認知症介護基礎研修及び認知症介護実践研修の企画・立案、各種の講義などの講師を勤められる人員の育成を目的としています。

この研修を修了すれば、介護施設内での指導者的業務はもちろんのこと、施設外での講習会や研修の担当も行うことができるようになり、介護の場でできることが大幅に広がります。

認知症介護指導者研修の
資格について
くわしく読む

認知症介護実践リーダー研修

認知症介護実践リーダー研修は、3段階の介護関連研修の2段階目にあたる研修です。受講資格も、1段階目に当たる認知症介護実践者研修を終えた者と、ちょうどステップの中間に位置する研修であると言えるでしょう。

そのカリキュラムは、講義・演習、他施設実習、自施設実習に分かれており、全行程はおよそ3ヶ月かかります。本研修の目的は、介護施設内でのチームリーダーを育成し、より強力なチームワークを発揮して質の高い認知症介護を行うこととなっています。

認知症介護実践リーダー研修の
資格について
くわしく読む

認知症介護基礎研修

認知症介護基礎研修は、認知症介護関連の研修の中で最初のステップに当たる研修です。介護の現場で知識を増やしていくには、認知症介護基礎研修を受講することがスタートラインとなります。

認知症介護基礎研修で身につけるスキルは、認知症介護についての基礎的な技術・知識・考え方です。研修には試験などはないので、修了証を交付されれば修了となります。しかし、受講の際の遅刻・欠席はもちろん、途中での受講中断は認められませんので注意しましょう。

認知症介護基礎研修の資格に
ついて
くわしく読む

認知症ケア指導管理士

認知症ケア指導管理士は、今後の高齢化社会の進行に伴う認知症患者の増加に対応するための資格です。認知症介護の場での適切なケアの提供や、スタッフの育成か可能な人材を育成することを目的として創設されました。

ほかの認知症関連の資格に比べてその受験資格のハードルは低く、資格や実務経験の有無に限らず誰でも受験が可能で、取得難易度が低いのが特徴です。介護の場で認知症介護の十分な知識や技能を持っているスタッフはまだまだ不足している状況なので、この資格を取得しておけば職場で重宝されるでしょう。

認知症ケア指導管理士の資格に
ついてくわしく読む

介護事務

介護事務とは、介護施設や医療施設などで介護報酬請求業務(レセプト作成)をはじめとする事務作業を行う職種です。

介護事務の仕事をこなすには、介護保険についての専門知識が必要です。また、事務作業は基本的に専用のソフトを用いて行うことになるので、基礎的なPCスキルも必要になります。

介護事務の資格を取得していれば、利用者からの介護保険についての質問にもスムーズに対応できるでしょう。

介護事務の仕事に
ついて
くわしく読む

介護予防運動指導員

介護予防運動指導員とは、要介護状態の利用者ができるだけ自立した日常生活を送れるようにサポートすることを目的とした職種です。その主な仕事内容は、筋力向上トレーニング、運動指導、栄養改善などといった介護予防プログラムの立案です。

利用者の状況や身体能力は一人ひとり違うので、それに合わせた介護予防プログラムを立案するのが介護予防運動指導員の役目となります。

介護予防運動指導員の仕事に
ついて
くわしく読む

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員は、車椅子やマットレス、特殊寝台などに代表される福祉器具の専門知識を介護の場で活かす業種です。さまざまな福祉器具を必要とする人々が適切な器具を選べるようにアドバイスしたり、使い方を説明したりするのが目的です。また、ケアマネージャーと連携して利用者一人ひとりに最適な福祉用具を選定することも福祉用具専門相談員の重要な仕事のひとつです。

福祉用具専門相談員の仕事に
ついて
くわしく読む

レクリエーション介護士

高齢者のQOLを向上させる手段のひとつとして大きな注目を浴びている資格「レクリエーション介護士」。2014年に設立されたまだ新しい資格で他の介護系の資格より認知度は高くないものの現場の介護士の日々の悩みを解決し技術・能力の向上する資格であるためじわじわと人気度が上がってきています。高齢者の身体のケアだけでなく脳と心のトータルケア、そして自分自身の介護と向き合うきっかけとなる資格となるでしょう。

レクリエーション介護士
ついて
くわしく読む

サービス提供責任者

介護に携わる家族・職種の架け橋となる「サービス提供責任者」。必要な要件を満たせばその職種に就くことが可能です。指定訪問介護事業所に配置義務のあるサービス提供責任者は計画書の作成・マネジメント業務・事務業務・必要時はヘルパー業務など多岐に渡る業務をこなす能力が必要ですが、どの業務も介護業界で生き抜くために必要なものばかり。サービス提供責任者の職に就くことは介護業界でのステップアップのための経験としてかなり有効な手段と言えます。

サービス提供責任者
ついて
くわしく読む

喀痰(かくたん)吸引等研修

福祉用具専門相談員は、車椅子やマットレス、特殊寝台などに代表される福祉器具の専門知識を介護の場で活かす業種です。さまざまな福祉器具を必要とする人々が適切な器具を選べるようにアドバイスしたり、使い方を説明したりするのが目的。また、ケアマネージャーと連携して利用者一人ひとりに最適な福祉用具を選定することも福祉用具専門相談員の重要な仕事のひとつです。

喀痰吸引等研修を
ついて
くわしく読む

主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)

地域包括支援センターなどで活躍する主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)は、ケアマネージャーを指導、育成するケアマネージャーの上級資格。このページでは、主任ケアマネージャー資格のメリットやスキルアップするために必要な研修や試験などについてご紹介しています。

主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)
ついて
くわしく読む

介護福祉士実務者研修

高齢者や身障者の身体介助や生活援助を行う介護福祉士は国家資格の専門職。要介護者から直接感謝される、やりがいのある仕事です。このページでは国家資格・介護福祉士の受験資格ともいえる介護福祉士実務者研修について、カリキュラムや受講料、研修受講後にできるスキルアップの具体例、介護職員初任者研修との違いなどを見ておきましょう。

介護福祉士実務者研修
ついて
くわしく読む

介護助手・介護補助

介護助手・介護補助は介護士の主業務以外のサポートするお仕事をしています。ホームヘルパーよりも専門的な知識を必要としないため、ステップアップしたい方におすすめ。よりよい生活を送ることができるように買い物や洗濯、食事補助など、介護を必要とする利用者が日常生活を送りやすい環境づくりをお手伝いしてくれます。

介護助手・介護補助
ついて
くわしく読む

介護予防指導士

介護予防指導士は介護予防の考えに基づき、介護を必要とする世帯・高齢者のサポートを行います。具体的に衰えやすい筋力訓練や転倒防止策などを行い、介護状態を避けたい方向けに提供されています。

介護予防指導士
ついて
くわしく読む

作業療法士

作業療法士は病気やケガなどにより日常生活の運動が困難な方向けにリハビリ指導を行う仕事。日常生活に必要な作業のアシストや社会参画のお手伝いなどがメインですが、介護の現場でも高齢者の生活を支えています。

作業療法士
ついて
くわしく読む

理学療法士

PTとも呼ばれる理学療法士はリハビリテーションのプロ。養成学校を卒業し、国家資格を通過した理学療法士は病院だけでなく介護現場でも専門知識と経験を生かした仕事をすることができます。合格率も仕事としての満足度も高い職種といえるでしょう。

理学療法士
ついて
くわしく読む

JOBSTYLEより JOBSTYLEより

JOBSTYLEからのコメント

多彩な「介護」から
合ったものを見つけるためには
JOBSTYLEからのコメント

「介護」というと、介護士のイメージが強いかもしれませんが、実は色んな職種があります!
介護士からキャリアを開始し、もっと広い視野でお客さまをサポートしたいと、生活相談員やケアマネージャーになった方。介護福祉士の資格を取り、さらに介護士としてのスキルアップを目指した方…。
働き始めて、自分がどの道に進みたくなるのかは未知数なので、大切なのはキャリアアップを支援している制度がある会社で働くこと、また、同じ会社で働き続けるなら、色んな職種を採用している施設であることではないでしょうか。
今回、当サイトの取材に協力してくださったケアパートナーでは、キャリアアップのための研修や、資格取得の支援を会社全体で行っているといいます。
また、全国に施設があり、規模も大きいので、キャリアアップしやすい環境といえます。ぜひ皆さんが「これが自分の天職だ」と思える、やりがいを感じられる職種を探してください。そして、そのために職場選びにも気を配ってみてくださいね。

JOBSTYLEからのコメント

ケアパートナーの
中途採用ページを見る