sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 場所や種類で選ぶ!介護のおしごとガイド » [職種別]介護の仕事内容・やりがい » 理学療法士

理学療法士

理学療法士とは?

理学療法士は国家資格で現場ではPT(Physical Therapist)と略して呼ばれることが多いです。何らかの原因で身体の動作に障がいがある方に対して運動・物理療法を用いてアプローチを行うリハビリの専門家です。

理学療法士を取得するメリット

国家資格としての強み

どの分野の専門家でも「国家資格」であれば信頼度は高く社会的な知名度もあり、履歴書に堂々と資格名を書くことができます。つまり、就職でも非常に重宝されるということ。特に超高齢化社会の現代では理学療法士はリハビリのプロとして様々な介護現場から引く手あまたです。

やりがいを得られる

患者様の身体に直接介入して、患者様とともに結果を出すことのできる理学療法士の仕事はまさに「やりがいの塊」。もちろん簡単にいかないケースもあるでしょう。それでも専門知識と経験を駆使して「高齢だから」とあきらめていた方に結果がでたときの患者様や患者様の家族の笑顔があなたを専門家として成長させてくれますよ。

人生の先輩にアプローチ

理学療法士は0歳児からの発達支援や就学時のための就学支援、生活習慣改善、スポーツ分野…他、生活しているかた全員が対象となりますが、特に自分より年上の人生の先輩のリハビリを行う中で得られるものは技術と経験だけではありません。介護現場では「人間」として成長させてもらえるチャンスが転がっています。

理学療法士の業務内容

病院など大規模なリハビリ科であれば同じ理学療法士の資格をもった上司や同僚が複数在籍しているケースが多く、共に教え教えられ技術を磨くことができますが、介護現場では少人数配置であることが多いです。理学療法士の介護現場での業務内容をご紹介します。

高齢者の個別リハビリ

「身体が動きにくい」原因は怪我や整形的疾患、脳疾患など多岐にわたる高齢者。そのリハビリはもちろん個別で行います。しかも相手は人生の大先輩。おひとりおひとりの状態と性格に合わせてリハビリ計画を行います。対応人数や条件によって加算を算定することができます。

プロの技術と意識を発揮する仕事

病院のようなドクターやナースが常にいないケースが多い介護現場では自身の技術と判断力が養えます。高齢者に必要なリハビリの知識は多岐に渡るため経験値の高い理学療法士として業務に携わることができます。

視野の広い理学療法士としての活躍

人員配置が限られている介護現場では理学療法士でも送迎に出たりトイレ介助をしたりと介護にも協力する場面があります。「人の仕事を手伝っている」のではなく、その中で生活動作や対ヒトへの関わり、周囲の状況判断材料を得ることができることは実はメリット。ますます理学療法士として磨きがかかっていきます。

介護施設で働く理学療法士の仕事内容

高齢利用者の自立した生活をサポートしているのが介護施設で働く理学療法士です。日常生活で必要な「立つ」「歩く」などの運動機能を保つためのリハビリテーションをします

施設で利用する福祉用具を選ぶのも、理学療法士が担当します。そのため介護施設で一緒に働く介護職員や看護職員と、利用者に関する身体機能の状態について連携することが重要です。

利用者の家にも訪問し、住環境に問題や変化がないかチェック。介護保険による住宅改修や福祉用具選定・在宅復帰するための環境整備の相談を受けるのも理学療法士が行います。

病院勤務の理学療法士との仕事内容

介護施設における理学療法士は、病院勤務の理学療法士に求められる目的と対象者が違います

介護施設の理学療法士は衰えないためにサポートするのが仕事。介護施設の理学療法士の目的は身体機能の維持です。年齢を重ねて身体機能が衰えてきた利用者を対象としています。

一方病院勤務の理学療法士は、ケガや病気・身体的な障がいに対する回復や改善・自宅生活・社会復帰を目的としています。対象者は病院でケガや治療中の患者です。

理学療法士になるためには

受験資格

国の指定する養成学校で3年以上の勉学を行います。その後、年に1回開催される理学療法士国家試験に合格すれば理学療法士となります。作業療法士の資格がある場合は養成学校での勉学期間は2年以上と短縮されます。

試験の難易度

合格率は毎年80%を超えていますので、国家試験の資格試験の難易度としては「難しすぎない」と推測されます。

カリキュラム受講料の目安

カリキュラムは国家試験に必要な運動学や解剖学、リハビリテーション医学など人体や動きに関するものの他に臨床心理学など身体のうごきにくいかたの心に寄り添えるようなカリキュラムも含まれています。

受講料は昼間で400万円前後、夜間で300万円前後となりますが、養成学校によって異なりますのでお問合せください。

理学療法士と介護福祉士の違いとは

理学療法士と介護福祉士の仕事内容は異なります。理学療法士は運動療法や物理療法を通じた身体機能を維持するためのサポートです。

介護福祉士は利用者の日常生活全般をサポートします。介護全般が仕事内容で、食事・風呂・トイレ・移動までがサポート範囲です。その他、施設内のレクリエーションやイベント、日常生活での困りごとの相談や助言まで幅広く行います。

介護施設の理学療法士は「身体機能を保つこと」介護福祉士は「日常生活全般のサポート」。仕事内容に大きな違いがあるのです。

理学療法士が活躍できる職場

介護業界

介護業界での職場は「通称リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」「機能を回復するためのホーム」「介護老人保健施設」などがあげられます。対象を障がいまで含めれば「障がい者福祉センター」「障がい者や障がい児の通所・入所施設・学校の特別支援学級」も選択肢に入ります。

他にもスポーツ関連団体、理学療法を研究する大学や研究所・企業で働く方もいます。

病院やクリニック

多くの病院やクリニックにはリハビリテーション部門があります。

病院に関しては「急性期病院」「リハビリ専門病院」「療養病院」と幅広い選択肢があります。他にも保健所・保健センターも選択肢のひとつでしょう。

理学療法士に向いている人

コミュニケーション能力が高い

理学療法士は、施設を利用する高齢者や障がいを克服しようとする患者と向き合う必要があります。信頼関係を築くためにはコミュニケーション能力が鍵を握ると言っても過言ではありません。職場スタッフとのスムーズな情報共有も必要なので、コミュニケーション能力が高ければ高いほど向いていると言えます。

冷静な判断力と対応力

理学療法士として対応する対象者は、年齢や状況・症状が千差万別です。同じような症状だとしても、改善方法は人によって異なります。冷静に状況を見極めて、適切な判断をしなければなりません。利用者の変化を見極めたうえで、柔軟に対応できる力が求められます。

理学療法士の転職のコツ

理学療法士としての職場は介護施設や病院・一般企業など、選択肢は様々です。どの分野でどんな仕事をしたいかを考える必要があります。

給与は大企業や病院の方が良いとは一概に言えません。小規模な病院や施設でも、利用者が多い場合、給与に反映してくれる可能性があるからです。しかし大企業は福利厚生が充実しているうえ、倒産のリスクも下がるでしょう。

自分の意見を反映させたい人や、理学療法士としてキャリアを積みたい人は、患者と接触することが多い、デイケアや訪問リハビリテーションがおすすめです。経営者との距離が近いことから、個人の意見を伝えやすいこともメリットでしょう。

介護スタッフ募集について
電話で問合せる受付時間:9:00~17:00営業日:月~金曜日

デイサービス
介護スタッフは
ここから応募

注目! 介護のやりがい見つかるケアパートナーの デイサービス介護職 応募はここから