sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 未経験のための介護のおしごと基礎知識 » 介護職のストレス原因と対策

介護職のストレス原因と対策

介護職にストレスを感じる原因

介護職でストレスを感じる原因を理解しておいて損はありません。原因がわかれば適切な対処ができるからです。「介護職はストレスが溜まる業種」という話を聞けば不安になるのも当然。ただ、介護職に限らずどんな業種でもストレスは溜まるものです。

上記のストレス原因は一般的な業種でもありますが、介護職でとくに目立つ内容です。各ストレス原因について解説します。

人間関係や職場環境

介護職は人手不足のため、あらゆる事情の方が転職して集まる土壌が形成されています。年齢や性格もばらばらで専門職も多く関係するため、価値観の相違も生まれやすいのです。また、パワハラやいじめの問題もあります。苦手な人とチームを組むことになれば、ストレスが発生するのも当然です。勤続年数が長くなり、中間管理職になると、上と下との板挟みになって悩む方もいます。

給料への不満

介護職の業務負担は大きい反面、給与は釣り合っていないという声があります。実際、厚生労働省「令和2年 賃金構造基本統計調査」では、日本人の平均年収が約445万円に対し、介護職員の年収は359.6万です。頑張りや努力も営業職のように数値化できないのが難点。結果「がんばっているのに給与が低い」といった不満が出てくるのです。

体力的な負担が大きい

体力負担は大きい介護職。腰痛は介護士の職業病と呼ばれているほどで、ストレスが溜まるのもしかたありません。入浴や移乗や排泄の介助など、あらゆる場面で体に負担がかかります。

若い頃は対応できますが年齢が上がると筋力の低下に比例して対応できなくなるのです。施設により夜勤もあって変則的な勤務体制だと、規則正しい生活とは縁遠くなります。

人手不足による介護者ひとりの負担が大きい

介護業界自体が慢性の人不足のため、ひとりがあらゆる作業をしなければなりません。業務量が増えれば心身ともに余裕がなくなります。人手不足なら、疲れたからといって有給休暇を取りづらい雰囲気にもなるのです。結果ムリがたたれば我慢の限界が来て離職につながります。

利用者とのコミュニケーションや人間関係の構築ができない

利用者とうまく関係を構築できずコミュニケーションが取れなければストレスも溜まります。認知症の利用者の対応をする場合、思わぬ罵詈雑言を浴びることもあります。「しかたない」と理解していても精神的に参ってしまう方もいるのです。

施設の理念や考え方や経営方針に合わない

介護施設ごとに理念や方針は違います。自分の確固たる理想がある介護士の場合、介護施設が掲げている理念と方針と合わないとこじれる原因に。最初から理想を持っているのであれば、それに合致した介護施設に就職すればいいのですが、働きながら理想を定めていくと、どうしても介護施設の現状に課題を感じざるを得ず、理念や経営方針と合わなくなることがあります。

面接やホームページでは理想的な理念や経営方針なのに、現実は違う、真反対だったというケースもあります。そういった場合、ストレスや不満が溜まるのも当然でしょう。

ストレスが溜まっている状態とは?

「ストレスが溜まっている」自覚できる状態もあればできないケースもあります。ただ、一般的な「ストレスが溜まっているサイン」があるためチェックしてみてください。

一般的な【ストレスが溜まっていると表に出てくる症状】です。全ての人に当てはまるものではありませんが、上記の症状が出たらストレスが溜まっている可能性があります。

ストレスに気づく方法

ストレスに早めに気づくのは大切です。放置すると悪化し、気づくとうつ病のような重大な心の病気につながります。早めに対処し解消すれば、心身ともに健康で仕事ができるのです。

上記【ストレスで出てくる症状】も基準になりますが、スケーリングという方法も試してみてください。ストレスが最高に溜まっている状態を10点と決めます。逆にストレスがまったくない状態を0点にするのです。主観でかまいません。

現状で何点かつけてみます。点数が高いとストレスが溜まった状態です。10点なら注意しなければなりません。

介護職が上手くストレスと付き合うには?ストレス発散法を紹介

ストレスと上手に付き合うには、発散する方法の確立と実践が大事です。ストレスは蓄積するからこそ爆発し、対処できないレベルになります。爆発前に、少しでも解消してバランスを取ることが必要です。基本的に自分なりのストレス解消法を見つけるのが1番といえます、ただ、一般的なストレス解消法もあるためチェックしてみてください。

原因を把握するだけでも落ち着ける

ストレスには原因があります。明確にすると落ち着いて冷静に対処法を考えられるのです。「原因では?」と感じる内容をノートに書き出してみましょう。その上で解決方法を探っていきます。原因がわからないと、落ち着かず、感情的になりがちなので注意が必要です。

好きなことをやってみる

仕事のことを忘れて「好きなことだけやる時間」を作って、イヤな想いから離れてみましょう。スポーツや料理、ゲーム、カラオケなどでOK。ムリに好きなことを作らなくてもかまいません。好みの映画や漫画、動画などを見ていれば仕事のことも考えなくて済むという方もいるでしょう。没頭できることならなんでもいいのです。

スポーツをして体を動かす

スポーツをするのもストレス解消です。体が疲れているとき、仕事の悩みを思い出すでしょうか?血流もよくなるため、リラックスできるのもメリットのひとつです。本格的なスポーツではなくてもかまいません。ジョギングやウォーキングでもいいのです。スポーツ系のサークルに参加すれば、新しい人間関係ができます。いい人間関係なら、ストレス解消につながるのです。太陽の光を浴びると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、精神の安定化にもつながります。

誰かに話をする

誰かと話をしましょう。ストレスが溜まるのは、自分ひとりだけで抱えるからです。不満、モヤモヤ、イライラした感情を誰かに愚痴ってみてください。人に話をすると、考えや気持ちが整理できる場合があります。ただし、相談相手の内容次第では仕事とは関係ない人がいいかもしれません。仕事の内容次第では、上司や同僚に話をしたほうが解決できる場合もあります。誰に話をすればすっきりするか、事前に考えて相談相手を決めましょう。

規則正しい生活を意識する

規則正しく生活するのは重要です。早寝早起き、栄養のバランスを意識した食事を心がけるのです。介護職は夜勤も含めて変則的な生活ですが、その中でも規則正しさを意識してみてください。精神が安定するため、ストレスが溜まりにくくなります。

考え方を変えてみる

主に職場の人間関係に悩んだときに有効です。明らかに価値観が違う人と付き合う場合、ストレスになります。しかし人の価値観を変えるのは簡単ではないのです。強引に変えようとすると、他の人も巻き込むリスクも出ます。関係をこじらせ、完全に敵対関係になれば目も当てられません。「価値観の違いがあるのは当然」と割り切って、過度に気にしないのも大切です。割り切りとあきらめを上手に利用していきましょう。

職場にストレスの原因がある場合の対処法

職場にストレスの原因があるなら、解決しないと変わらない可能性があります。では、どんな対処法があるのでしょうか?いくつかご紹介します。

利用者の問題は上司や管理者に相談してみる

特定、あるいは全般で利用者とのコミュニケーションを上手く取れなくて悩んでいる方もいるでしょう。ひとりで悩まず、上司や先輩に相談してみください。中には同じ問題を乗り越えてきた方もいます。同じ悩みを経験したからこそ気持ちをわかった上で、アドバイスをもらえるのです。あまりに向いていないと感じたら配置換えを管理者に相談してみるのもいいでしょう。まずは相談することが解決の第一歩になります。

休みを取る

有給休暇を使ってしっかり休みを取ることは大切です。「有給休暇を取りづらい」と感じる方もいるかもしれません。「他の人はがんばっているのに、復帰したら白い目で見られそうで怖い」と感じるのはしかたないことです。ただ、有給休暇はきちんとした権利ですから遠慮は無用と考えましょう。

有給休暇を利用するなら1日ではなく、連続して休むのがおすすめです。きちんと休む、趣味に没頭して、仕事のことを忘れられると心もリフレッシュします。

有給休暇中は介護施設から退職や転職を進めるためのチャンスです。仕事に忙殺されていると、落ち着いて考えられなかった将来とキャリアアップもしっくり考えてみてください。落ち着いて現状を振り返ることができます。

転職で環境を完全に変えるのも選択肢

自分ではいい方向に変えようがない場合もあります。人手不足を解決して欲しくても、経営者にその気がないならどうしようもありません。ハラスメントが日常化し、管理者に相談しても改善が見られないようならどうしようもないのです。中には無資格者に医療行為をさせる施設もあります。例えば、爪を切るという行為は、健康な爪なら問題ありませんが、巻き爪だと医療行為になり、介護士が切ってはいけない仕事なのです。医療行為ならどんなに簡単でも無資格者が行うことが認められていません。大きなトラブルに発展して巻き込まれる可能性があるため、転職を検討したほうがいいでしょう。

ストレスが限界に達したらどうなるのか

ストレスが限界になると、下手をすれば介護の仕事どころか社会生活がまともにできなくなる可能性も出てきます。際にストレスが限界に達して出てくる不調とはどういう内容かご紹介します。

燃え尽き症候群

燃え尽き症候群は、ある日とつぜん無気力になります。仕事や勉強ばかりしていたのに、やる気が完全になくなるのです。必死に難関大学の受験勉強をして合格した途端、やる気を失うケースがあります。努力したのに結果が出なかった、なにもきっかけがなく、ある日とつぜんモチベーションを失うケースもあるのです。

介護士は燃え尽き症候群になりやすいともいわれています。ストレスが原因なため、日常的に発散させる、仕事から離れる時間を取ることを心がけてください。まじめな人ほど「甘え、なまけている」とムリをしがちです。「休むのも仕事のひとつ」と考えましょう。健康な状態ほど、仕事へのやる気も出てくるからです。

介護うつ

介護うつは、介護がきっかけとなるうつ病です。介護うつは介護士も発症します。きまじめな方や気持ちの切り替えができない方は要注意です。たとえば利用者のためと思って仕事をしているのに、ちょっとしたことで怒鳴られたりすれば、傷つきますしストレスも溜まります。

厳しい労働環境なのに低収入なら、なんのために仕事をしているのかわからなくなることもあるでしょう。介護うつの症状は、一般的なうつ病と同じです。食欲がなくなる、疲れが取れない、無気力があげられます。放置したり、自分のがんばりが足りないと考えて無理をしたりすれば、症状が悪化するだけなので注意が必要です。

前の介護施設を辞めた理由

実際に介護士の方が前の介護施設を辞めた理由はなんでしょうか?

※参照:(pdf)令和2年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査結果報告書 公益財団法人介護労働安定センター

上記リストは、介護士が前の介護施設を辞めた理由です。男性の1番の理由は、将来の見込みが立たないという内容で、女性は結婚、妊娠、出産、育児でした。男性の2番目、3番目の理由は、職場の人間関係と収入の少なさです。

女性の2番目と3番目は職場の人間関係と将来の見込みが立たなかったという理由でした。男性は、将来への見込みが立たない、女性は結婚や出産といったライフステージの変化です。

男女ともに共通している理由が人間関係の悩みでした。一緒に仕事をする仲間ですが、価値観の不一致で人間関係がこじれると面倒な結果になります。

職場のストレスが限界になったら

介護の仕事はストレスが溜まります。反面、やりがいがあるのも間違いありません。人を助ける仕事であり需要も高く社会に役立ちます。ある介護施設で不満があり合わなくても、他の施設に転職がしやすいのもメリットです。そもそも多かれ少なかれどんな業種でもストレスは発生します。

介護職でストレスが溜まる理由で多いのは、人間関係も含めた職場環境です。職場環境の悪さだけで介護職という魅力ある職業自体から離れるのはもったいないでしょう。

福利厚生やキャリアアップなど自分が求めている条件に合った介護施設はあります。その介護施設の転職も選択肢ですから、検討してみてはいかがでしょうか。

介護スタッフ募集について
電話で問合せる受付時間:9:00~17:00営業日:月~金曜日

デイサービス
介護スタッフは
ここから応募

注目! 介護のやりがい見つかるケアパートナーの デイサービス介護職 応募はここから