sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 介護業界を知る!JOB Style NEWS » 介護におけるスタンダード・プリコーション(標準予防措置策)とは

介護におけるスタンダード・プリコーション(標準予防措置策)とは

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症は、目に見えない恐怖がつねに人の生活と隣り合わせです。とくに免疫力が低い傾向にある高齢者が集まる介護現場では「予防」することがなによりも急務となるでしょう。ここでは介護現場に求められるスタンダード・プリコーション(標準予防措置策)について解説します。

スタンダード・プリコーション(標準予防措置策)とは

スタンダード・プリコーション(標準予防措置策)とは感染症の発生の有無にかかわらず、つねに感染症を意識した対策を行ったうえで感染症発生リスクを下げることをいいます。感染症対策は「予防」と「治療」がカギ。特に免疫力の低い傾向にある高齢者の集まる介護現場では「予防」を中心に対策を行う必要があります。

スタンダード・プリコーションの目的

スタンダード・プリコーションの具体的な方法は”感染源を「持ち込まない」「持ち出さない」「拡げない」”こと。福祉施設における感染症の多くは感染源(感染微生物)の持ち込み、そして持ち込まれた感染源が人間を媒体として広がります。

第一に高齢者介護施設等に感染源を「持ち込まない」。施設に出入りする人間はスタッフだけではありません。業者や面会者、ボランティア、通所で通う利用者様など、出入りを行う人間がまず感染源を「持ち込まない」こと。

そして万が一持ち込まれた感染源を「持ち出さない」。手指に感染源を付けたまま入所者の介助へ、または感染した入所者からスタッフへ互いに感染源を「持ち出さない」こと。

最後に「拡げない」。不衛生なトイレやお風呂など設備やタオルの使いまわしなど物品を介して感染源を必要以上に「拡げない」こと。この3点のどこかで感染源を断ち切ることがスタンダード・プリコーションの重要なカギを握ります。

基本となる10の標準予防策