メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 現役介護職員に聞いてみた » 介護福祉士資格とりたて

介護福祉士資格とりたて

茂木さん
茂木さん
ルート営業から介護の世界へ

ガスのルート営業をしていたという茂木さん。体を壊して辞めた際に、親類に「介護が向いているのではないか」と言われて介護の世界に転職をしたのだとか。

現在は全国展開するデイサービス施設・ケアパートナーで介護福祉士として働いています。

介護福祉士の資格とりたてだという茂木さんに、試験のコツ、また仕事のやりがいなどをお伺いしました。

介護福祉士の資格を
とりそこねたその理由は?

茂木さんは、昨年の試験で介護福祉士の資格をとられましたが、一発合格でしたか?
茂木さん

一発といえば一発なんですが…。実はその前の年、申込期間を過ぎていて試験が受けられなかったんです…。

えええ!
茂木さん

本当に、1年丸々損しました。だからこれから試験を考えている人に絶対言いたいのは、申し込み期間は意外と短いから気を付けて!ということです。

会社も「申し込んだ?」と声かけてくれていたんですが、なぜ忘れてしまったのか、今でも謎です…。

茂木さん業務中
マシンを使うお客さまにつく茂木さん。会話を楽しみながら、お仕事をされていました。
それは1年たいそう辛かったでしょう…。
茂木さん

何度も自分の馬鹿さ加減を悔やみましたね(苦笑)。

そしてリベンジで前回一発合格したと!どのような勉強法を行ないましたか?
茂木さん

試験問題の過去問ができるアプリがあるので、それを延々やっていました。皆さん、おそらく自分の業務範囲の問題は何もしなくても解けると思うので、それ以外の部分をがんばれば、きっと合格できると思います。

介護福祉士の試験合格率は6~7割ですが、茂木さん的にはひたすら過去問でOKということですね。
茂木さん

そう思います。ただ、僕は1年無駄にした分、今回絶対落ちたくなくて、必死に勉強しましたけどね(笑)。

介護福祉士になって
良かったこと・やりがいは

介護福祉士の資格を取って何か変わったことはありますか?
茂木さん

介護士も、介護福祉士も、やることに違いはないので、業務上では何も変わっていません。数年間、介護の仕事をしてきて、一人前になったというか、そんな気持ちはありますね。やっぱり、嬉しいです。

営業から介護の世界への転職というのは、戸惑うことはありませんでしたか?
茂木さん

よく聞かれるのですが、意外とすんなり受け入れられました。排泄の介助も、汚くないはずはありませんが、人間の摂理ですから、そこまで躊躇することはなかったです。

そうなのですね。
茂木さん

はい、案外大丈夫なもんだな、と自分でも思った記憶があります。人前で大きな声を出すのが得意なわけじゃないので、レクリエーションは最初戸惑いましたが、それもいつの間にか慣れましたね。

ケアパートナー高崎
ケアパートナー高崎の壁を覆い尽くす、お客さまの作品の数々。これも、みなさんでこよりで作った作品です。
介護の仕事に就いて、営業時代から、何か変化を感じる部分はありますか?
茂木さん

そうですね…人を観察することが少しうまくなったかもしれません。この方はどこにハンデがあるんだろう、何がお好きなんだろうと、常に観察しているからだと思います。

介護の仕事のやりがいは、茂木さんはどんな部分に感じますか?
茂木さん

デイサービスという特性もあるかもしれませんが、お客さまとの会話です。昔の知恵やお話を聞けるのは、すごく楽しいですね。

逆に大変なことはなんでしょうか。
茂木さん

一瞬たりとも気が抜けないことでしょうか。自分も気を付けていたつもりですが、介助中にひじを痛めたことがあり、1ヶ月半労災で休ませてもらったことがあります。

それは大変でしたね。
茂木さん

会社がしっかりしていると、こういうときありがたいなと思いましたね。休みも取れますし。復帰する際も、戻りやすい雰囲気を作ってくれて…。

今後とりたい資格は
ケアマネージャー

今度、キャリアアップのためにとりたい資格はありますか?
茂木さん

ケアマネージャーに興味があります。かなり難しいと聞いているので、勉強が必要ですが…。

願書提出期間も忘れないようにしないといけませんね!(笑)。
茂木さん

その通りです(笑)。皆さんも本当に気をつけましょう!

茂木さんが働く
ケアパートナーの
公式サイトを見る

JOBSTYLEより JOBSTYLEより
意外な落とし穴があるものです(笑)
JOBSTYLEからのコメント

茂木さんがご自身の失敗として、申し込みを忘れたことをお話してくれて、そういうこともあるんだー!と素直にビックリ。

「そういえば、高校時代に簿記検定で申し込み忘れていた子がいました」と編集部員が思い出話をし始めたりしました(笑)。

そんな、人間味あふれる茂木さんは、介護の仕事の難しさも、やりがいも両方を感じつつ、真摯に向き合っている印象を受けました。ケアマネージャーの資格も、ぜひ挑戦してほしいです!

JOBSTYLEからのコメント