sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 場所や種類で選ぶ!介護のおしごとガイド » [職種別]介護の仕事内容・やりがい » 作業療法士

作業療法士

作業療法士とは?

障がいを持つ方や、病気・怪我をした人にとっての日常の動作は思っている以上に大変な作業です。また、体が動くようになっても、次には衣装の着脱など、生活のために必要な作業の習得が必要で、最終的には仕事をしたり、お出かけをしたりと社会活動へ参加することが求められます。

作業療法士はまず体が動かせるように訓練した上で、日常生活に必要な作業のアシストや社会参画のお手伝いまでを行います。

「作業療法士」というといかにも作業のアシストをするようなイメージがありますが、実際の業務範囲は広く、その分対象の方の生活や人生に深くかかわる仕事と言えるでしょう。

介護現場における作業療法士の主な仕事内容

介護現場における作業療法士の仕事は、大きく分けて3つのフェーズに分かれます。

まず、病気やケガ、障がいなどが発生・発覚した際に担当医や理学療法士と一緒に状況を確認します。その後ヒアリングなどを通してどのような作業が必要とされているか、何を行うべきかの計画を立てます。

次に、習得が必要とされる動作を訓練し、併せて必要な補助具などを提案して生活が楽になるような環境づくりを行います。

最後に、社会復帰するための職業訓練を含めたサポートにも携わるため、介護現場でも高齢者のサポートに従事しており、医師や理学療法士など、様々な方との連携が必要とされる仕事です。

理学療法士との違い

資格の情報や養成施設などで合わせて紹介されることがあるのが理学療法士です。知らないと混同しがちですが、行っている業務は大きく異なります。

理学療法士はケガや病気などで衰えた機能を回復させることが仕事です。そのためにリハビリの計画を立て、患者さんと一緒に機能回復訓練を行っていきます。

一方、作業療法士は理学療法士からバトンタッチするような形で、動くようになった体を日常生活の実際の動作(食事をする、服を着替えるなど)を訓練していきます。また、その後の社会復帰に至るまでのサポートを行うので、精神面でのケアを行うこともあります。

今後は高齢化社会が一層進むことになると考えられ、退院後に社会に上手く適応できるサポートが更に重要視されるでしょう。介護現場では作業療法士の活躍する場面は増えていくと予想されます。

作業療法士の特徴・メリット

その人の人生に関わる、やりがいのある仕事

医師にしても理学療法士にしても、問題となっている状況(怪我・病気)を回復させるまでが仕事で、基本的にはそのゴールを迎えたら終了となります。しかし、作業療法士はそこから患者さんがどう生きるかにまで踏み込んでサポートするので、その人の人生の助けになるという実感を得やすい仕事と言えるでしょう。
また、何が正しいかは患者さんによって千差万別なので、流れ作業にならず、クリエイティブな要素を持っていることも重要なポイントです。

給与について

厚生労働省の2018年時点の賃金基本構造統計調査によると、概ね月額28~30万円ほどで推移しているようです。

厚生労働省_2018年時点の賃金基本構造統計調査より

豊富な就職先

国家資格であり、占有の業務があることからニーズも高く、就職する先も病院から介護施設など幅広くあります。

作業療法士になるには

作業療法士は国家資格であるため、試験が必要となってきます。 また、受験資格を手に入れるためには厚生労働省指定の養成機関で3年以上の履修、及び臨床実習を18週間以上行う必要があります。

具体的には4年制の大学や短期大学(3年制)、専門学校に通うことになるでしょう。

試験内容について

試験は筆記試験ですが、一般問題と実地問題に分かれており、一般問題ではでは解剖学や運動学、臨床心理学など、多岐に及んだ範囲から出題されます。実地問題では作業療法やリハビリテーション医学など、実践に即した範囲から出題されます。

また、重度視覚障害者の方には、実地問題の代わりに口述試験及び実技試験を行うようになっています。

どれぐらい合格できるのか

実際の試験の合格率に関してですが、第55回(令和2年)の合格率は87.3%と、他の国家資格に比べると高めの印象です。養成機関での授業を十分に把握できれば十分合格が可能と言えるでしょう。