sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 未経験のための介護のおしごと基礎知識 » 介護士が実践する
体臭・においの対策

介護士が実践する
体臭・においの対策

このサイトは 「ケアパートナー株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

介護現場で気になる「におい」の原因

においの問題は、介護現場において必ず発生するものです。においの原因にはどのようなものがあるのか紹介します。

体臭

人の体から発生する特有のにおいのことで、加齢臭や汗臭、口臭などがあります。

人間の身体は高齢になると脂肪酸や過酸化脂質、パルミトレイン酸などの分泌が増え、これが加齢臭の原因となります。加齢臭は特に女性より男性の方が強いことが多く、40代以降であれば男女ともに発生しやすくなるにおいです。

汗は元々無臭ですが、放置すると汗臭が発生します。におい物質をつくる細菌が汗に含まれるたんぱく質や皮膚の表面にある垢や皮脂などの汚れなどをエサにすることが原因です。そのため高齢者や介護士自身の入浴回数が減ると細菌が増殖してにおいが強くなります。

口臭の主な原因は、口の中にある細菌です。通常口の中の細菌は唾液によって胃に流れますが、唾液の分泌量が減少している高齢者の口は、細菌が増えやすい傾向にあります。またコーヒーをはじめとしたにおいの強い飲み物を飲んだあとに口内が乾燥してしまうと、口臭発生につながります。

排泄介助

おむつやポータブルトイレを使用していると、部屋の中に排泄物のにおいが残りがちです。おむつを使用している場合には、交換時だけでなく使用済みおむつからもにおいが出ることもあります。またポータブルトイレは、においが付きやすく、使用後すぐに処理しないと部屋中ににおいが充満してしまいます。排泄物のにおいは施設利用者の尊厳を傷つけてしまうこともあるため、すばやく処理を行うことが大切です。

自分で排泄できる利用者でもしっかり拭けていなかったり下着やパジャマを汚してしまったりすると、においが付いてしまいます。

衣類・寝具

食事の際に服へこぼして汚れたままにしていたり、汗を吸った服をずっと着ていたりするのもにおいの原因です。食べ汚しや排泄物が付いた服を放置していると、においが染み付いてしまい、洗濯してもなかなか取れにくくなります。寝具は利用者の肌と直接触れている時間が長いため、汗や皮脂などで汚れることからにおいが発生します。特に食事や排泄をベッドで行う方は、においが付きやすくなるため、こまめに洗濯することが大切です。

先輩介護士が実践している
「におい」対策

利用者や施設、介護士自身のにおいを対策することで、みんなが快適に過ごせます。ここでは介護現場におけるにおい対策を紹介します。

部屋の換気をこまめに行う

こまめに部屋を換気して空気を入れ替えることにより、においの充満を防げます。においが部屋にこもってしまうと寝具や衣類、家具などにもにおい移りしてしまうため、冬でも時間を決めて、空気を循環させるようにしましょう。また新鮮な外の空気を取り込むことで、介護士自身や利用者の気持ちもリフレッシュできます。

口腔ケアで口臭を予防

定期的な口腔ケアを行うことで、口臭を防げます。食べかすや歯垢を歯ブラシで丁寧に磨くことはもちろんですが、舌ブラシなどで舌の汚れを落とすことも口臭予防のポイントです。また口腔内の乾燥を防ぐため、保湿ジェルを使うと潤いを保てます。毎食後の歯磨きが難しい場合は、口をすすぐだけでも口臭の抑制につながります。

入浴・ふき取りで体臭を予防

体臭を軽減させるためには、こまめに汗を拭くこと、入浴の回数を増やすことが有効です。夏場は多く汗をかくものの、一日に何度も入浴できないこともあります。その場合は、専用のウェットシートでふき取るだけでも体臭を軽減できます。足のにおいが気になる場合は、替えの靴下を持参して交換するのもおすすめです。

排泄物の処理方法を工夫

おむつやポータブルトイレを使用している場合、排泄物の処理方法を工夫することでにおいを軽減できます。おむつは交換後、新聞に包んでからビニール袋に入れて捨てるようにしましょう。におい漏れの防止策として、おむつ専用のビニール袋を利用するのがおすすめです。

ポータブルトイレを利用している場合、使用後すぐ片づけるようにします。バケツに張った水に消臭剤を加えたり、清掃しやすいよう周囲に防水マットを敷いたりすることも簡単にできるにおい対策です。

介護用消臭アイテムや
空気清浄機を使用

においが発生しやすい部屋には、空気清浄機を置くことも効果的です。においの発生を防ぐだけでなく、発生したにおいを吸収して空気をきれいにする役割も果たします。

また消臭剤は介護用に作られたアイテムがおすすめです。一般の消臭剤では排泄物のにおいには効果が得られないこともあります。介護用消臭アイテムであれば、介護の中で発生するにおいに合わせた消臭成分が配合されているため高い効果が得られるでしょう。

介護士の「におい」対策の注意点

体力勝負でよく動くため、介護士はよく汗をかきます。そのため自分自身のにおいも気になるでしょう。ただし体臭を香りで誤魔化そうと香りの強い香水や柔軟剤を使用すると、利用者を困らせてしまい、体調を崩してしまう可能性もあります。そのため強い香りで誤魔化すのではなく、衣服を取り替えたり汗をすぐふき取ったりするなど、清潔に保つことが大切です。におい対策を効果的に行って、介護士も利用者もお互い快適に過ごせるようにしましょう。

介護スタッフ募集について
電話で問合せる受付時間:9:00~17:00営業日:月~金曜日

デイサービス
介護スタッフは
ここから応募

注目! 介護のやりがい見つかるケアパートナーの デイサービス介護職 応募はここから