sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 未経験のための介護のおしごと基礎知識 » 異業種からのチャレンジ!介護士への転職動向

異業種からのチャレンジ!介護士への転職動向

異業種から介護士へ転職する人が増加中!

介護業界は慢性的な人手不足に陥っており、中でも高齢者の自宅を訪問して介護や家事といったサービスを提供する訪問介護職では、2020年9月時点の有効求人倍率が15.47倍に達しました。つまり、介護業界は全国的に売り手市場になっているといえます。

また、これによって異業種で従事していた人が、その仕事を辞めて改めて介護士として働きたいと希望するケースも増えており、異業種から介護士への転職活動が全国的に活性化していることが重要です。

※参照元:厚生労働省|第182回社会保障審議会介護給付費分科会(web会議)資料

介護士が転職先に人気を集めている理由

正社員の求人募集が多い

介護士が転職先として人気を集める最大の理由は、他業種と比較して有効求人倍率が高く、正社員として採用されるチャンスが全国的に高いことがあるでしょう。また、事業所にとっては介護人材を確保することが先決であり、離職率の低下についても取り組んでいることがポイントです。

高齢者の増加によって将来的なニーズも期待できる

2025年問題や2035年問題など、将来的な高齢者や要介護者の増加は社会的に大きな問題となっており、今後はますます介護業界の人手不足が進んで行くと予想されています。

そのため、介護人材へのニーズは長期的に維持されると考えられ、職業として末永い安定を期待することも可能です。

国や自治体による就職支援も多い

介護業界の人手不足は、企業にとってだけでなく、高齢者を多く抱えて社会保障費の負担が増えている地方自治体にとっても深刻な問題です。

そこで、地方自治体では官民一体となって介護士の就職支援や就労サポートを行っており、他の業種と比較して転職活動をしやすくなっています。

経験があれば長期のブランクからでも復職しやすい

過去に介護業界で働いていた経験のある人であれば、妊娠・出産や他業種での就職などによって、長期のブランクがあっても採用されやすいという点が重要です。

特に介護士の資格を有していながら、現在、介護士として働いていない人は「潜在介護士」と呼ばれており、国や自治体が積極的に潜在介護士の復職について支援や女性を行っています。

業務内容によっては無資格者でも働ける

介護士として要介護者へ接するには、国家資格を取得していなければなりません。しかし、家事支援など介護業界では無資格者でも働ける業務があり、全くの未経験者でも就職を目指せるチャンスがあります。

そのため、介護士としての資格を持ちながら他業種で働いていた人だけでなく、前職の経験を活かして働きたいという無資格者にも、介護士への転職活動には希望があるでしょう。

働き方が複数ある

介護施設で従事する場合や訪問会議、デイケアサービスなど、介護業界といっても働き方は様々です。

自分のスキルや経験を把握した上で、自分の適性にマッチした働き方を選べることは魅力です。また、介護士として働ける場所も複数あり、自宅からの通勤についても利便性を目指すことができます。

自分の家族のケアにも活かせる

介護業界で学んだ知識や習得した技術は、いずれ自分の家族が要介護者になった際に活かせます。

そのため、将来のことを考えて他業種から介護士への転職を目指す人も増えているようです。

異業種から介護士に転職した人の声

家族の介護をきっかけに専業主婦から転職

家族の介護をするようになってから、介護について興味を抱くようにもなりました。また、知人から介護業界の仕事を紹介され、最初はすぐに辞める気で就職しましたが、いざ働いてみると成長を感じられて現在も仕事を続けています。

安定した職を希望して電気関係から介護業界へ

以前は電気関係の仕事に就いていましたが、40歳を過ぎた頃に前職の会社が倒産し、中年の未経験者でも安定した雇用を目指して介護業界への転職を決意しました。ホームヘルパーの資格取得を目指しながら有料老人ホームへ就職し、熱意を持って仕事に当たっています。

営業職から介護職に変わって5年以上

色々な職を転々とした後、営業職から介護職へ転職したのが5年ほど前です。介護業界での仕事は大変なこともありますが、利用者の方から「ありがとう」と言ってもらえることが力となって、現在も辞めることなくがんばっています。

異業種のスキルが活かせる業種

接客

介護業界では要介護者やその家族との関係が重要になるため、接客業のように対人スキルを育てやすい職種は、介護士への転職においても有利です。

特に、幅広い年代の顧客へ接していた経験を有している人であれば、速やかに人間関係を構築して、介護士や支援スタッフとしての信頼を得られるかも知れません。

営業

人と積極的に接するという点では、接客業だけでなく営業職も魅力です。また、介護業界で働くからといって介護士としての職しかないわけでなく、自社のサービスを要介護者や家族へわかりやすく伝えられる営業スキルは、転職後も武器として活かしやすいでしょう。

医療

看護師や理学療法士など、医療分野で働いていた経験のある人は、介護業界でも即戦力になれる可能性があります。

保育

保育園や幼稚園で幼い子どもを相手に世話をする保育士は、本質的な面で介護士と似ている職業といえるでしょう。そのため、保育士としての業務スキルだけでなく、心構えを育てられていることは、介護業界で働く上で大きな武器となってくれます。

事務職

介護士が円滑に業務を進めようとすれば、事務所で介護士や支援スタッフの仕事をサポートできる人間の存在が不可欠です。また、事務職での経験が豊富な人は、パソコン作業や管理作業にも慣れているため、介護事務所や施設で事務員として即戦力になれることもあります。

異業種から介護士になるためには

求職サイトなどで求人と雇用条件を確認する

求職サイトや転職サイトには介護士の求人も多くありますが、給与待遇や福利厚生、採用条件など、雇用条件は求人を出している事業者によって異なります。そのため、まずはそれぞれの求人を比較検討し、自分のニーズに合うものを探しましょう。

自治体へ相談する

自治体の多くは介護人材の確保に取り組んでおり、介護士への転職に関する専用窓口を設けていることもあります。

いきなり介護業界で働くことが不安であれば、自治体のサポートを受けてみることも1つの方法です。

学校へ通って資格取得を目指す

無資格者でも介護業界で働くことは可能ですが、やはり介護士として資格を有していると業務の幅を広げられます。より有利な条件で働けるよう、資格取得を目座明日ことも大切です。

介護士への転職を成功させるポイント

資格は事前に取得しておく

業務内容に関係なく、資格を取得していればそれだけ有利に就職活動を進められます。そのため、可能であれば事前に資格を取得しておくことが望ましいでしょう。

自分のニーズや適性を把握する

どのような業種・業態を選ぶのか、自分の性格や希望条件と照らし合わせることも必要です。適切な働き方を検討できるよう、自分にとって大切な条件や特性を最初に確認しておきましょう。

転職サイトや人材コンサルタントを活用する

異業種から介護士へ転職する場合、介護業界の常識や必要な知識を持っていないことも少なくありません。そのため、転職サイトや人材コンサルタントといったプロを積極的に活用し、客観的に自分の評価と求人をマッチングしてもらうこともポイントです。

まとめ

介護業界の人手不足は深刻であり、異業種から介護士へ転職する場合、正社員として採用されやすいというメリットがあります。その反面、自分の適性や必要条件を冷静に分析できなければ採用後に不満を強めることもあり、プロのアドバイスも活用しながら、自分にとって適切な働き方を検討していくことが大切です。

あなたの知らない
介護のリアル

近くで募集中の
ケアパートナー求人情報