sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 場所や種類で選ぶ!介護のおしごとガイド » [職種別]介護の仕事内容・やりがい » 主任介護支援専門員
(主任ケアマネージャー)

主任介護支援専門員
(主任ケアマネージャー)

主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)とは?

2006年の介護保険制度の改正で設けられた「主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)」は一般のケアマネージャーの上級資格。ケアマネージャーの指導や育成を担当する「ケアマネージャーのリーダー」です。

介護支援専門員(主任ケアマネージャー)の仕事

ケアマネージャーは介護保険サービスの要。居宅介護支援事業所や介護老人福祉施設、地域包括支援センターなどで、利用者の介護サービス計画書(ケアプラン)を作成や、市町村や医療機関、利用者のご家族との連絡調整を行う仕事です。ケアマネージャーには在宅介護のプランを作成する「居宅ケアマネ」と老人ホームやデイサービスなどで行われる施設介護のプランを作成する「施設ケアマネ」の2種類があります。

主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)資格を取得するメリット

ケアマネージャーは、居宅介護支援事業所、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設などの介護施設でケアプランの作成の仕事をしていますが、地域包括支援センターや特定事業所加算を取得した事業所では、主任ケアマネージャーが必ず在籍していなければいけないので、主任ケアマネージャーは働く場所の選択肢が、ケアマネージャーより多いのが特徴。給料も高くなるため、やりがいのある転職に有利な資格と言えるでしょう。

主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)の難易度・受講料など

主任介護支援専門員になるには、次のようなプロセスが必要です。

  1. 介護支援専門員実務研修受講試験に合格してケアマネージャーになる
  2. 厚生労働省が指定した実務研修や専門研修を受講する
  3. 主任介護支援専門員研修を受講する

なお、主任介護支援専門員は5年に一度、更新研修を受けなければなりません。

主任介護支援専門員研修を受講できる人

主任介護支援専門員研修を受講できる人の条件についてみていきましょう。

主任介護支援専門員資格取得に必要なカリキュラム

介護支援専門員(ケアマネージャー)が主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)になるためには、専門的な研修を受ける必要があります。

カリキュラム受講料の目安

主任介護支援専門員研修の受講料は都道府県によって値段が違います。東京都の場合は52,600円です。

主任介護支援専門員研修の難易度

主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)になるには、ケアマネージャー試験に合格した後、実務経験を経て研修を受けなければなりませんが、ケアマネージャーよりも就職先が多く、年収も上がります。

行政や病院との連携を取り、地域の医療や福祉をよりよいものにしていける、やりがいのある仕事「主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)」をめざしてみてはいかがでしょうか。