sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 未経験のための介護のおしごと基礎知識 » 腰痛で介護業界に転職・復帰が心配

腰痛で介護業界に転職・復帰が心配

腰痛が心配な方におすすめの介護施設・介護職種

介護業界での仕事では、腰痛は厄介な問題として無視できません。業務の性質上、中腰や立ちっぱなし、人を抱えるなど、腰への負担が大きい作業が多い仕事です。特に肥満気味の方や夜勤も行う方は腰への負担も大きくなります。

しかし、介護施設や職種内容によっては、腰にあまり負担がかからないケースもあるのです。介護職で腰痛は職業病と呼ぶ方もいますが、腰に負担をかけないという点を中心に、転職先や復帰先を考えると悩みから解放されます。お悩みの方はぜひチェックしてみてください。

自立している利用者が多い施設

利用者の介護度に注目してみてください。介護施設の中には介護度が低い利用者を中心に受け入れているところもあります。腰に負担がかかるのは、移乗や入浴介助で人を抱えなければならない場面です。特別養護老人ホームや介護老人保健施設は、介護度が高い方も多いため介護者の力仕事も増えます。

逆に、利用者が自立し体の問題もなく日常生活を普通に過ごしているレベルなら、介護者の負担は少ないはず。たとえば、サービス付き高齢者向け住宅やケアハウスは利用者も自立しています。日常的に、腰への負担が大きくなる施設は避けるようにしましょう。

介護ロボットスーツを導入している施設

採用する側も介護者にとって腰への負担が大きいのは理解しています。腰痛のために離職者が増加するのは避けたい問題です。対策を検討した結果、介護ロボットスーツを導入している施設もあります。介護ロボットスーツなら、力仕事でも負担軽減が期待できるのです。

腰痛対策のために、研修やマニュアルを用意しているところも期待できます。ノウハウの積み重ねであり、結果が出たものですから助けになるものです。職員の腰痛に危機感を覚えているから用意しています。職員の健康も考えているのは働く場所としての好材料です。

ケアマネジャーや生活相談員

ケアマネージャーや生活相談員なら、腰の負担になる業務は多くありません。管理者やサービス提供責任者も、マネジメント業務がメインなので、現場に出ることは少ないでしょう。ただし、無資格ではできません。

現場での経験や専門の資格が必要です。ケアマネージャーなら介護支援専門員、生活相談員は、社会福祉士や精神保健福祉士などの取得が求められます。現場に出ない介護、福祉系は、一定の実務経験が必要です。当然、勉強もしなければなりません。無資格なら就業するための長期的な計画が必要です。

介護業務における腰痛対策

介護業務ごとの腰痛対策をご紹介します。対策のポイントを知れば、腰痛のリスクを避けられるのです。

移乗介助

スライディングシートや移動式リフトのような福祉用具を積極的に活用しましょう。移乗のために利用者へ協力を頼むのも有効です。どんなに力自慢でもムリをせず、複数人でしたほうが安全ですし、負担を軽くできます。

負担を軽減したいなら、片膝をついてバランスを取るのも有効です。基本通り、利用者と体を密着させるだけでも負担を軽くできます。人間ひとりを抱えるのですからムリは禁物です。

入浴介助

入浴介助では滑り止めマットを利用しましょう。お湯で濡れているのですから危険です。利用者を支えているとき、介護者がバランスを崩せば、大きなケガにつながりかねません。滑り止めマットなら、万が一のときでも支えられますし、負担軽減が期待できます。

浴時は体の冷えで筋肉が縮こまるリスクもあるため注意が必要です。冬場は、脱衣所を暖める、着替えを用意して冷えないための対策が求められます。

排泄介助

排泄介助は、スピードを重視し力任せになるケースがあります。なにも考えず力任せにすると、知らずに変な場所に力が入っているリスクがあるのです。結果、腰痛につながりかねません。

排泄介助では、できるだけ早く利用者にトイレへ行ってもらうよう心がけるのも重要です。下着や衣類の着脱は、車いすや便器に座っているときに作業すれば、介護者の負担が軽くなります。

腰痛を和らげるストレッチ

腰痛を和らげるストレッチを積極的に行うのは重要です。介護業務前に準備体操をするだけでも変わります。「かっこわるい、恥ずかしい」「そんなに弱くない」「忙しいのに面倒」と考えるのは良くありません。ストレッチだけでも、腰痛の発症リスクを下げられるので、積極的に取り入れましょう。

仕事の合間、帰宅してから入浴中にストレッチをするのも有効です。腰に負担がかかるのは、腹筋、背筋、バランスの悪さも考えられます。とくに骨盤周囲が柔らかくないのも、腰痛につながりやすくなります。腹筋、背筋、お尻、太ももの各筋肉を強化できるストレッチが有効です。

介護スタッフ募集について
電話で問合せる受付時間:9:00~17:00営業日:月~金曜日

デイサービス
介護スタッフは
ここから応募

注目! 介護のやりがい見つかるケアパートナーの デイサービス介護職 応募はここから