sponsored by ケアパートナー株式会社

メニューボタン

【JOB Style 介護】介護のやりがい、見つけます » 未経験のための介護のおしごと基礎知識 » 介護業界への転職のスケジュール感とは

介護業界への転職のスケジュール感とは

どの業界においても、転職する際のタイミングは非常に重要です。この記事では、介護業界に転職する最適なスケジュールについて解説してきます。

転職活動に適しているのは何月?

介護業界は人手不足である施設も多いため、時期にかかわらず求人情報が豊富です。しかし、そのなかでも求職者や案件数が増える時期もあるので、転職活動に適している時期を把握することで、転職の成功率を高めることができます。これから介護業界への転職を希望する人は、時期やポイントを押さえておきましょう。

おすすめは1~3月

介護業界への転職活動で、もっともおすすめの時期は1~3月です。その理由は以下の3つが挙げられます。

転職を検討している人の多くが、12月の賞与をもらってから退職する傾向にあります。これは介護業界でも同様で、現職の介護スタッフで1月以降に退職する人が増えるため、施設の人員が不足します。こちらの人員不足に加えて、介護施設も年度内に予算を使い切るために求人広告をはじめ、採用活動が活発となり求人情報が増えるのです。

また、1月~3月は新卒が入社する前なので、先輩介護スタッフが未経験者に対しても教育する時間を確保しやすいことも、転職活動に適してるポイントであるといえるでしょう。

9~10月も狙い目

介護業界への転職活動に適しているタイミングとして、9~10月も狙い目です。その理由は以下の2つが挙げられます。

先の12月の賞与同様、夏の賞与支給後や9月の大型連休後に退職する介護スタッフが多く、人員不足になりがちな9~10月も、転職活動の時期として狙い目であるといえるでしょう。ただし、この時期に転職活動をすると、11月前後の入社になる可能性も高いです。

在職中で、賞与支給される会社で働いている人にとっては「年内まで転職を待った方がお得では?」と悩む時期でもあります。おすすめ時期である1~3月まで待つか、年内に転職先を決めるか、自身の状況を踏まえてスケジュールを立てるようにしましょう。

4~5月は?

4~5月は転職活動に不向きな時期であるといえます。その理由は以下の2つが挙げられます。

1~3月の転職活動が活発な時期に人員を確保しているため、4~5月の求人数は少なくなる傾向にあります。加えて、4月は新卒が入社してくる時期でもあるので、既存のスタッフは新人教育に追われています。そのため、この時期の求人は経験者が求められるともいえるでしょう。

しかし、見方を変えれば、この時期に求人を出している施設は人員不足で、積極的に採用活動をしているとも取れます。つまり、採用される確率が高いということです。「この時期に人員不足なのは職場環境が悪いからでは?」と疑問に感じる人もいることでしょう。そのような場合には、施設見学や評判を調べ、職場の状況に問題がないことを入念に確認したうえで、採用選考に応募するようにしましょう。

介護業界の転職活動のスケジュール

介護業界へ転職する際、情報収集は早めに始めることに越したことはありませんが、実際に行動に移すのは、遅くても3ヵ月前から活動することをおすすめします。その理由は、以下の通りです。

人気の高い介護施設が求人情報を出すと、すぐに埋まってしまう可能性が高いです。そのため、情報収集をするなかで転職したい施設が見つかった場合には、早めに連絡を取る必要があります。その際に、入社したい月を伝えると待ってもらえる可能性があります。しかし、施設側も人員不足で困っている状況である場合には、長期間待つことはできないこともあり得るので、3ヵ月前を目安にすると良いでしょう。

また、在職中の場合、所属する企業の就業規則にもよりますが、退職願は退職希望の1~2ヵ月前に提出することが一般的です。有給休暇を消化してから転職したい人は、そちらも考慮して退職願を提出するようにしましょう。

これらを踏まえて、3ヵ月前から本格的に転職活動を開始し、1~2ヵ月で転職先となる施設から内定を獲得して、現職へ退職願を提出する流れがスムーズであるといえるでしょう。

転職活動におけるスケジュールの重要性

転職活動では、計画的にスケジュールを立てることが非常に重要です。行き当たりばったりでスケジュールを立てていると、「退職時期を誤って収入が途絶えてしまった」「大慌てで退職したから源泉徴収票が欲しい連絡がしにくい」など、思わぬトラブルに陥る可能性も高まります。

その反面、転職活動におけるスケジュールの重要性について理解しておくと、転職の成功率も高まるので、ぜひ実践していきましょう。

自分の動きや予定を見える化する

スケジュールを立てることで、自分の動きや予定を「見える化(可視化)」できます。実際にスケジュールを目に見える形にすることは、目標から逆算して、自分がしなければならないことを整理することに非常に役立ちます。このように、スケジュールを見える化しておくことで、予定とずれが発生した場合にも軌道修正しやすいことも、転職活動の成功率をアップさせるポイントであるといえるでしょう。

モチベーションアップに繋がる

「この日までに転職先の候補を決める」「履歴書や職務経歴書を完成させる」など、具体的な目標や予定を立て、それらを達成した際には「着実に転職に向けて進んでいる」ことを実感することができます。このように、自分が立てた目標を達成していくことは、モチベーションアップの効果だけではなく、自信を高めることにも繋がります。

短期間で転職活動を成功させやすくなる

スケジュールを立てずにいると、いつまでたっても転職先が決まらず、転職活動が長期化してしまう可能性が高くなり、そのまま転職することを諦めてしまうこともあり得ます。このように、ゴールが明確でない状態で活動を続けることは、「本当に転職できるのか?」「いつまでも現職と並行で進めるのは大変」など、精神的にも不安に感じることでしょう。

スケジュールを立てることで、自分がどこを走っているのか把握することができ、このような不安を払拭することができます。どのように行動していくのか、具体的なスケジュールを立て、集中して転職活動に取り組むことで、結果として短期間で転職活動を成功させやすくなるのです。

介護業界の転職活動の準備期間

介護業界への転職活動では、目標とするスケジュールから逆算して準備を整えていきましょう。ここでは、3ヵ月後に転職活動が終了することを例に挙げて解説します。

まず1ヵ月目では、転職先となる介護施設の求人検索や施設研究など、情報収集するところから始めます。転職先の候補が決まれば、履歴書や職務経歴書など応募に必要な書類を作成し、採用選考に応募しましょう。介護施設は施設見学することができることも多く、採用選考に応募する前に、こうした機会を活用することでミスマッチを防ぐことが可能です。

2ヵ月目では、応募した施設の採用選考に臨みます。介護施設の採用面接は1~2回であることがほとんどなので、合否がわかるまであまり時間を要しません。在職中の人は、現在の業務の引継ぎも考慮し、同時進行で退職の準備を進めていきましょう。面接では「いつから働けるか」を必ず質問されるので、現職を退職できる日を事前に確認しておくようにしましょう。

3ヵ月目は、転職先の介護施設が決まり、介護職として働き始める準備をします。在職していた人は、前職に源泉徴収票の送付依頼をしておくと、スムーズに働き始めることができるでしょう。

求職者別!介護業界の転職で施設から求められること

介護業界への転職する際、施設側が求職者に求めていることを把握しておくことで、転職活動の成功率は大幅にアップします。ここでは、求職者の年齢別に施設から求められる要素について紹介していきます。

10~20代

10~20代が評価されるポイントは、介護職への適正と、長期的に活躍できるかなど、ポテンシャルの部分です。これは「仕事がつらくてすぐに辞めないか」を見られていると言い換えることもできます。「介護業界で活躍していきたい」という熱意や意欲をしっかりと伝え、面接官の不安を払拭することができれば、採用される確率が高まるでしょう。

30代

他の業界での転職で不利になりがちな30代ですが、介護業界では有利となりやすいです。その理由は、介護施設の現場で働くスタッフの多くが40~50代であり、将来の主戦力や管理職として期待されるからです。ただし、30代はその年齢から、結婚や出産、子育てと並行して働けるか懸念される年代でもあります。長期的に働いてくれることを期待されているので、しっかりと受け答えできるよう準備をしておきましょう。

40~50代

40~50代の転職は、他の業界では求人数も少なく非常に厳しいものです。しかし、先にも紹介した通り、介護施設の現場では40~50代が活躍しているので、転職できる可能性が十分にあります。

また、40~50代の場合、介護職として実務経験がなくとも、祖父母や両親の介護経験があれば選考でアピールすることができます。加えて、地域に根を下ろしている人が多い年代でもあることから、長期的に働くことができることも評価されるポイントであるといえるでしょう。

介護スタッフ募集について
電話で問合せる受付時間:9:00~17:00営業日:月~金曜日

デイサービス
介護スタッフは
ここから応募

注目! 介護のやりがい見つかるケアパートナーの デイサービス介護職 応募はここから